風と光の散歩道、有希編2a

ビールは夏の季語

ビールは夏の季語ですね。
季語って不思議なもので、一般的には、
その季節を感じさせるものなら季語という訳ではなく、
俳句の世界で季語として認識されているものがそうである、
という感じでしょうか。
大雑把に言えば歳時記や季寄に載っている言葉が季語である、
という考え方もあると思います。
(ただ、季節感のある言葉ならOKとする人もいます)

また季語と季感は微妙に差異もあり、
たとえば「甘酒」は夏の季語ですし、
「亀鳴く」と言われて春を感じる人は
俳人以外には滅多にいないでしょう。
そもそも亀は鳴くものなのか、どうか。

実体を伴わないものは季語として認識されません。
「向日葵の絵」、「海亀の人形」のような言葉です。
(これは使い方によってはOKとする考え方もありますね)

しばらく前から考えているのですが、
季感の強い季語と、そうでない季語があって、
そのあたりを上手く使えるようになると、
俳句がもっと面白くなりそう。
まだまだ修練が足りません。

来週末の句会にはNYから帰国のTさんも参加とのこと。
お会いするの久しぶりですし、
ここの句会はいろんな人が来るので楽しみです。
そういえばこの句は、一昨年Tさんが参加のときの挨拶句、
のようなつもりもあって詠みました。
あとで聞いたら、住んでいるところはお近くだそうです。
なお写真は日本です。

   牛肉をビールで煮る夜のオノ・ヨーコ


a0248481_6363014.jpg

   ぎうにくをビールでにるよのオノ・ヨーコ






   
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-05-08 06:38 | Comments(0)