風と光の散歩道、有希編2a

富士フイルム X-T1

先日のことですが六本木のフジフイルムスクエアへ行ったら、
カメラのレンタルサービスがあるのですね。
デジタル一眼のX-T1、X-T10と、それにコンパクトが3機種。
当日返却なら無料で、デジタル一眼は有料で一泊二日もOK、
コンパクトは有料で7泊8日のレンタルも可能です。

それで前から気になっていたX-T1と16-55のレンズをお借りしました。
2階のサービスステーションで受付をやっていて、
そこで免許証とクレジジットカードのコピーを取ります。
(このコピーはカメラ返却のときに返してもらえる)
なお、レンタル中に盗難や壊してしまった場合は、
スクエアでの販売価格をお支払い頂く、だそうです。

予備のSDカードはいつも持ち歩いています。
撮影した写真データは自分で持ち帰ることが出来ます。
つまり、車のディーラーでの試乗のようなサービスですね。

X-T1、いいなあ、富士フイルムのフラグシップ機です。
センサーがAPS-Cのミラーレス一眼で、レフ機に比べ小さく、軽い。
16-55のレンズキットが価格.comの最安値で14万円台から。
ちょっといい金額ですね。
一眼はペンタックスでレンズを揃えてしまっているので、
なかなか他のメーカーの一眼には乗り換えにくい。

それはともかく1時間以上、近くを歩きながら、
いろいろ撮ってみました。
ネットの口コミだとX-T1は操作性がよくないという指摘もありますけど、
自分が使った分には特に問題なし。
キヤノンやニコンしか使っていない人だと、
すこし違和感はあるかも知れませんけど、
使っているうちに慣れてしまうレベルだと思います。
ただ自分は動体はあまり撮らないので、
そういった撮影性能についてはよく判りません。
このカメラいいなあ、
なお一枚目の写真はX-T1による撮影ではありません。

   城跡の一樹を揺らす風の色


a0248481_19393256.jpg

a0248481_1940041.jpg

a0248481_19401750.jpg

   しろあとのいちじゆをゆらすかぜのいろ
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-10-08 19:46 | Comments(0)