風と光の散歩道、有希編2a

多作多捨?

俳句には、多作多捨と、寡作で念入りに詠む、
二つのやり方があるみたい。

多作多捨は読んで字のごとく、
たくさん俳句をつくって多くを捨て、よいと思った一部を残す。
反対に、すくなくつくって、
じっくりと推敲する、といった詠み方もあります。

どちらが良いか悪いかの話ではなく、
これは人それぞれだと思います。

自分などは多作多捨で、
持寄10句出しの句会なら、その数倍は詠みます。
(ただし、使えないダメ句も多し、w)

うちの俳句の会だとKさんは、
もう10年以上毎日10句を詠む習慣だそうです。
年間3千数百句ですから、
そのくらいの句作ペースの人はすくなくないと思います。
ちなみに俳句で芸術院選賞の新人賞にもなってます。

このあいだ句集を読んだ俳人は、
Twitterで年間1万句を何年か続けて詠んだそうです。
そんな詠み方をすると雑になりそうなものですが、
その数万から選んだ2千句からなる句集は、
かなり深い句もあり、やっぱり面白いなあ。
普通の句集は200から300句くらいですから、
2千という時点で、すでに規格外なのですが。

反対の寡作タイプは友人にいて、
この人は俳句歴が浅いのに、実力派の多い句会に来て、
特選や並選がぽんぽん入ってましたから、不思議。

いろんな人がいるなあと思います。

   手袋は持ち主の手に似たるかな


a0248481_22462249.jpg

   てぶくろはもちぬしのてににたるかな

ブログ村に登録してみました、クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
[PR]
by yuhki_e2 | 2016-01-31 22:50 | Comments(1)
Commented by つねさん at 2016-02-01 14:55 x
こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。