風と光の散歩道、有希編2a

「飛ぶ教室」、クリスマス物語

子供の頃、よく読み返した本のひとつに、
ケストナーの「飛ぶ教室」があります。
舞台は1900年代前半のドイツでしょうか、
少年たちが通う学校と寄宿舎の様々な出来事です。
自分が読んだ本では、翻訳のときに親しみやすい名称にしたのか、
登場する少年たちは、「主席マルティン」、「空腹マティアス」、
「ちびのウーリ」といった表記でした。
特にウーリは、いまだとちょっと無理かな。
正義先生や禁煙先生、個性的な少年たちのまわりには、
素敵な大人がいました。
いつかまた読んでみたいです。

   袖太きサンタの衣装聖菓食ぶ


a0248481_22245498.jpg

   そでふときサンタのいしやうせいかたぶ

↓応援クリックよろしくお願いします

[PR]
by yuhki_e2 | 2016-12-22 22:26 | Comments(0)