風と光の散歩道、有希編2a

目白は夏の季語

写真は今日朝霞にて。
朝霞駅で友人たちと待ち合わせて、
近くのでニーズでランチ。

自衛隊広報センターのりっくんランドまではバスの便もなく、
20分くらいのんびりと歩いて行きました。
その途中、白梅が咲いていて、
何羽かの目白がしきりに動いていました。
毎年梅や河津桜にこの鳥をよく見かけますが、
目白は夏の季語なのですね。
今日は3月並の陽気、明日はさらに暖かくなるそうです。

   春隣土の匂ひのする歩道


a0248481_23162140.jpg

   はるどなりつちのにほひのするほだう

↓応援クリックよろしくお願いします
  

[PR]
by yuhki_e2 | 2017-01-29 23:17 | Comments(2)
Commented by 鳥見山走子 at 2017-01-30 09:20 x
メジロが夏の季語。
これって不思議な感じですよね〜
個人的に夏にメジロを見る事はほとんど無いような(笑)
鳥に関してはなんでこの季節の季語なんだろう?って首を傾げるものの方が多いです。
Commented by yuhki_e2 at 2017-02-02 21:41
>>山走子さん
こんばんは、
季語は、桜や夏の海のような判り易い季語と、
亀鳴くのような意味不明?季語もありますね。
そういえば甘酒も夏の季語。

季語と実際の季感は必ずしも一致しないし、
俳句のお約束という感じでしょうか。
自分ではよく判らずに詠んでいる季語も結構あります。