風と光の散歩道、有希編2a

「カガイ」と「ハナマチ」

「花街」の読みは元々は「カガイ」で、
一般的には「ハナマチ」とは読まなかったそうです。
それが演歌の「花街の母」(はなまちのはは)あたりから、
「ハナマチ」という読みが広まったようです。
(注、京都では古くに「ハナマチ」の呼称だったという話はありますが、
これについては確認とれず、詳しいことを知りません)
俳句でも「ハナマチ」と読ませている句は多い。
けど句会で音数から明らかに「カガイ」の句もありましたし、
ちゃんと知っている人なのだなと思います。
「ハナマチ」は完全な誤りとまでは言えなくても、微妙という感じか。

歌詞には時々一般的な日本語よりも、
文字の雰囲気や作者の思い込みが優先されてしまうことがある。
「シクラメンのかほり」は旧仮名なら「かをり」です。

童謡の「うれしいひなまつり」もはっきりと誤り。
「お内裏様とおひなさま」の歌詞は、
「お内裏様」は男雛と女雛の一対を表しますし、
「お雛様」も男雛女雛の一対の意味です。
つまり文法的にまったく変・・・。
「お内裏様=男雛」、「おひなさま=女雛」と、
勘違いしていた作者の思い込みによるものです。
とはいえ、これだけ広まってしまうと、
「おひなさま」は「女雛」のことであるという、
認識のほうが大きくなっていると思います。
難しいところですね。

   鳴き返すこゑの切なげ猫の恋


a0248481_21591018.jpg
 
  なきかへすこゑのせつなげねこのこひ

↓応援クリックよろしくお願いします

[PR]
by yuhki_e2 | 2017-03-14 22:07 | Comments(0)