風と光の散歩道、有希編2a

子規忌

自分にとって子規は夏の雲のイメージがあります。
理由は特になし、なんとなく。

前にブログで書いたかも知れませんが、
「漱石」は元々は正岡子規のペンネームのひとつでした。
友人である夏目金之助がそれを気に入って、
子規から譲ってもらって自分の雅号にしたという話があります。
漱石は「愚陀仏」という俳号もありましたから、
どのように使い分けていたのか、詳しくは知りません。
ご存知の方がいらっしゃればぜひ教えて下さい。
漱石は「漱石枕流」から来ていて、
その四文字熟語はへそまがり、強情っ張りという意味でしょうか。
句は何年か前のものですが、

   子規の忌のむき食ふ魚肉ソーセージ


a0248481_19295895.jpg

   しきのきのむきくふぎよにくソーセージ


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-09-20 19:31 | Comments(0)