風と光の散歩道、有希編2a

カテゴリ:未分類( 1227 )

寒禽の一羽が硝子ペンになる

今日は渋谷の仮名句会へ。
この集まりにしては少なめの10人。
自句にはトータルで20点以上入って、ほっとしました。
もっとも課題もいくつか見つかって、
まだまだ勉強が必要なのを痛感しました。

   寒禽の一羽が硝子ペンになる


a0248481_22314148.jpg

   かんきんのいちはががらすペンになる

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-20 22:35 | Comments(0)

ひなたぼこ地面につくる手の影絵

今日は銀座の豆の木の句会へ。
7人で、席題が7つ出ていて、出したのは9句。
特選も2つ入って、今年初めての句会としては幸先良しでした。
自分のベースは仮名句会ですけど、
他所の句会にも出ると勉強になります。
今年はいろんな句会にも参加させて頂ければと思います。
これは今日、1点句に。

   ひなたぼこ地面につくる手の影絵


a0248481_23045974.jpg

   ひなたぼこぢめんにつくるてのかげゑ
  

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-18 23:07 | Comments(0)

犬が嗅ぐ大中小の雪だるま

久しぶりの雨らしい雨です。
明日は銀座の句会で、兼題が七つ、
出句の数は実質自由なので。

   犬が嗅ぐ大中小の雪だるま


a0248481_21490071.jpg

   いぬがかぐだいちゆうせうのゆきだるま

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-17 21:55 | Comments(0)

寒波来て外骨格の歩き方

蟹は美味しいと思う。
ただ、それほど感激して食べるほどでもないので、
テレビの旅番組などで蟹を食べるシーンが映ると、
いまひとつ共感できません。

蟹や海老などの甲殻類や昆虫は、外骨格構造です。
人間や多くの脊椎動物は内骨格。
人間は直立歩行と生活をすることで脳の発達を得ましたが、
その代償としてのデメリットが
腰を痛めやすいことと、お産の困難です。

   寒波来て外骨格の歩き方


a0248481_21543859.jpg

   かんぱきてぐわいこつかくのあるきかた

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-15 21:56 | Comments(0)

銚子へ

朝早くに車で出て、日帰りで銚子へ行ってきました。
湾岸から東金道路を経て、九十九里を北上します。
車の外気温計で、マイナス2℃、マイナス4℃と表示され吃驚。
飯岡刑部岬展望台(写真1枚目)、それから、地球が丸く見える丘展望館、
犬吠埼灯台(写真2枚目)、昼食に銚子ウオッセで鰯の漬丼、
ポートタワーからの展望(写真3枚目、カーブして見えているのは利根川)。
さらに潮来方面に走ってサーキットの狼ミュージアム(写真4枚目)、
ここはマンガに登場したスーパーカーが展示されていて写真OK。
道の駅でお土産に野菜購入、高速が混む前に早めの帰宅でした。


a0248481_20561421.jpg
a0248481_20560999.jpg
a0248481_20555906.jpg
a0248481_20555200.jpg


[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-14 21:08 | Comments(0)

凧揚や鳥のやうには生きられず

気温、低いですね。
来週は3月の陽気になるそうですが。
明日は車で出かけようと思います。

   凧揚や鳥のやうには生きられず


a0248481_22481571.jpg

   たこあげやとりのやうにはいきられず

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-13 22:49 | Comments(0)

心臓の重さくらゐの鏡餅

今年の鏡開きは明日の11日ですね。
写真はこの正月の家の鏡餅です。
いまは便利になったというか、
これ底を開封すると、四角い切り餅のパックが、
いくつか入っているそうです。

かちんかちんになった鏡餅を割って、
油で揚げていたのは、子供の頃の風景として、
なんとなく記憶に残っています。

   心臓の重さくらゐの鏡餅


a0248481_21183371.jpg

   しんざうのおもさくらゐのかがみもち

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-10 21:20 | Comments(0)

猫の目の金色福寿草の黄色

ニュースでも頻繁に話題となる景気・・・。
どうなんでしょうね。
指数やら株価といった目安では好景気のようですが、
実際には、様々な店舗の閉店も多いと思う。
大きなチェーンでもミスタードーナツやサブウェイの大量閉店を、
わりと最近ネットのニュースで読みました。
大手銀行が業績の悪化から、
口座管理料の導入を検討しているという話も。
これって口座を持っていると月々にお金を払わなければいけなくなる。
銀行は様々な手数料もあがってきてるし、うーん。

景気云々より、社会にともかく余裕がなくなってきてる。
景気がいいどころの話ではないと思います。

   猫の目の金色福寿草の黄色


a0248481_23001616.jpg

   ねこのめのきんいろふくじゆさうのきいろ



[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-09 23:14 | Comments(0)

蛋白質摂るべし北風に吹かるべし

俳句は良くも悪くも、地味な文芸なのだと思います。
詩でも、歌の作詞で売れた人はお金もあるし、
売れっ子のマンガ家さんなんてものすごい豪邸に住んでたりする。
俳句人口が200万とも300万とも言われますが、
たいていは別に本業がある人ですから、
俳句だけで食べていける人は10人!、なんて話も聞きました。
出版にしても小説やマンガのベストセラーなら印税も高額、
たとえば累計で1億部売れたマンガ家さんなどもいて、
これ仮にコミック1冊500円で、印税が10%だとすると・・・。
さらに様々な関連グッズや映像化の版権もありますから。

それに対して俳句は、句集なら自費出版が主流で、
印税がどうとかいう世界ではありません。
短歌は30年くらい前に「サラダ記念日」がベストセラーとなり、
当時で280万部だったそうです。
これは短詩の本としてはすごいというより、
もはや異常なことだと思います。
音楽でもスポーツでも、お金の動くところに才能も集まる。
フェラーリやポルシェに乗る俳人が出て来るようなら、
俳句を取り巻く状況も変わっていくかも知れません。

   蛋白質摂るべし北風に吹かるべし


a0248481_22175456.jpg

   たんぱくしつとるべしきたにふかるべし

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-08 22:22 | Comments(0)

週刊俳句2018年新年詠

写真は早朝、三浦半島の立石公園駐車場にて。

週刊俳句第559号がUPされました。
2018年新年詠も公開されていて、
ざっと数えてみたら今年は182人かな。
投稿順だそうですが、自分は〆切日の夜9時ぎだったのに、
それよりあとがまだ沢山います。
前からの人もいれば、面識はなくても名前を知ってる人、
あるいは知らない名前もあるし、
以前はお名前と句を見かけていたのに、今年は無い人も。
よかったら覗いてみて下さい。

クリック> 週刊俳句2018年新年詠 


a0248481_20382626.jpg



[PR]
by yuhki_e2 | 2018-01-07 21:01 | Comments(0)