風と光の散歩道、有希編2a

<   2015年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

神奈川大学全国高校生俳句大賞

昨日は俳句甲子園のことをすこし書きましたが、
高校生を対象とした俳句のイベントがもうひとつあります。
大学が主催する、「神奈川大学全国高校生俳句大賞」で、
1998年からはじまって今年で第18回ですから、
俳句甲子園と同じ歴史かと思います。

ただ、こちらの認知度はあまり高いとは言えず、
Wikipediaにも載っていません(本日現在)。

全国の高校生・受験生を対象に俳句を募集し、
審査員による選考という形になっています。
例年9千通以上が集まっているようです。
9月に〆切で12月発表なので、今年はまだこれからですね。

神奈川大学のHPに選考結果が出ています。
入選者は名前と高校名のみで、俳句は掲載されていません。
最優秀賞の5作品については句も見ることが出来ます。
また、その入賞入選の作品は「17音の青春」というタイトルで、
毎年句集として出版されています。
「神奈川大学全国高校生俳句大賞」で検索してみて下さい。

   鷺草の一羽一羽と咲いてをり


a0248481_22222253.jpg

   さぎさうのいちはいちはとさいてをり
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-31 22:25 | Comments(2)

俳句甲子園についてもうすこし

俳句甲子園は俳人以外の一般の人に、
どれくらい認知されているのか、よく知りません。
あるいは知っていても、高校生による団体戦というイメージかも。
1チーム5人で、俳句とディベートによる5本勝負。
3本を取った側が勝ちとなります。

俳句をやる人なら俳句甲子園の存在は知っていて、
その見方は基本的に三つに別れるようです。

 俳句甲子園とその場の俳句に関心も高く、俳句甲子園について肯定的

 俳句甲子園についてはその内容に否定的

 俳句甲子園そのものにほとんど関心がない

感じ方は人それぞれと思います。
自分の場合は、基本的に賛成で、高校生たちの句にも関心あります。
第1回大会が1998年に開催され、今年が第18回。
初期の頃の参加者はもう三十代半ばになっています。
若手俳人のすべてが俳句甲子園出身ではありませんが、
俳句の世界におけるフィールドになっているのは確かです。

否定的な人の多くの意見では、やはりディベートみたい。
相手側の句の欠点を突き回すようなやりとりは、
俳句の本質とはかけ離れている、ということだと思います。

たしかに18回の大会のうち中期くらいまでは、
足の引っ張り合いが主のディベートも多かったようです。
ただ、少なからず見苦しくもあるせいか、
最近では攻撃的なディベートは少なくなり、
鑑賞と疑問に重点を置いたやりとりが主流だと思います。

俳句甲子園=足の引っ張り合いのディベート、みたいな印象を持ってる人は、
youtubeなどで最近の大会の様子を見てみて下さい。

俳句の勝ち負けという、難しい面も多いテーマも、
これは夏井さんが何かに書いてましたが、
高校生からただ俳句を募集して審査員が選ぶような形だったら、
いまのようには盛り上がらなかった、というのはその通りだと思います。

俳句甲子園は、地方大会の観戦をしたこともなく、
熱心なファンではありませんが、自分なりに関心を持っています。

そういえば以前俳句甲子園で、敗者復活戦が「写真+俳句」の年がありました。
手元の本では第5回、6回がそうです。
松山での予選リーグで負けたチームは、
現地で吟行して写真を撮り、俳句を合わせて、ひとつの高校が一作品を提出、
そのなかから決勝リーグへの参加が選ばれていました。
その頃の大会記録を見ると、写真はまあ、修学旅行のスナップ写真の印象。
けどなかには、かなりレベルの高い写真+俳句もあります。
夏井さんから以前聞いた話では、
携帯電話の会社が大会のスポンサーに入っていた頃で、
それで写真+俳句もやったみたい。
現地で詩とコンサートのコラボイベントを鑑賞して敗者復活戦の句を詠む、
という年も過去にありました。
いまは敗者復活戦も俳句のみ(写真無し)で、
俳句の大会という本質を考えると仕方ないですね。
俳句甲子園のHPで、以前は写真+俳句の敗者復活戦の作品が
閲覧できましたけど、いまは見当たりません。ちょっと残念。

   あさがほや現実逃避の三輪車


a0248481_12342113.jpg

   あさがほやげんじつたうひのさんりんしや
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-30 12:45 | Comments(0)

ウルトラマン?

池袋のサンシャイン60(サンシャインシティ?)にて。
はて、これは何ウルトラマンなのか・・・。
子どもの頃、初代ウルトラマン、ウルトラセブンから、
ウルトラマンレオあたりまでは知っていますが、
いわゆる平成ウルトラマンシリーズは見分けがつきません。

   耳朶のないウルトラマンと秋の風


a0248481_19195155.jpg

   みみたぶのないウルトラマンとあきのかぜ
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-29 19:20 | Comments(0)

とんぼ

住んでいるあたりでは例年、
とんぼはほとんど見かけません。
そういえば旧仮名では、「とんぼ」または「とんばう」となります。

   とんばうはセロファンテープの眷属か


a0248481_19282119.jpg

   とんばうはセロファンテープのけんぞくか
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-28 21:23 | Comments(0)

草臥れました・・・、

今日は草臥れました・・・。
いろんな集まりがあって、いろんな人がいるなあと。
銀座での句会を終えて先ほど帰宅したところです。

   コスモスは後ろ姿の山頭火


a0248481_23314636.jpg

   コスモスはうしろすがたのさんとうくわ
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-27 23:32 | Comments(0)

水曜 

2週間くらい前を思うと、ほんと涼しい毎日です。
暑さが苦手なので嬉しい。
さて、春からいろいろ忙しかったのですが、
そろそろ秋へ向けて動きます。
まだ詳しい話は書きませんが、各位様よろしくどうぞ。

   ひぐらしのこゑと鳴きやむ子犬かな


a0248481_2304180.jpg

   ひぐらしのこゑとなきやむこいぬかな
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-26 23:01 | Comments(0)

俳句甲子園

このあいだの土日は愛媛で俳句甲子園が開催、
昨年まで2年続けて優勝の開成高校は3連覇ならず。
愛知の名古屋高校と北海道の旭川東高校で決勝戦が行われ、
名古屋高校が初優勝だそうです。

俳句甲子園ではわりと新参の高校らしく、
初優勝は見事ですね。おめでとうございます。
しばらくしたら大会の公式作品集が作られると思いますので、
また購入しようと思います。

   肉食うて残暑の夜の街の熱


a0248481_209669.jpg

   にくくうてざんしよのよるのまちのねつ
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-25 21:02 | Comments(0)

猫の横顔

歩いていて見かけた猫です。
首輪をしていましたから野良ではありませんね。
もういっちょ夏の句を、

   もう何もゐない日暮れの金魚玉


a0248481_21102718.jpg

   もうなにもゐないひぐれのきんぎよだま
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-18 21:10 | Comments(0)

渋谷駅前

立秋は過ぎてますけど、もうすこし夏の句も。
ヒカリエの8階から、再開発中の渋谷駅東口側です。

   鳥瞰の目に映りたる夏帽子


a0248481_20525234.jpg

   てうかんのめにうつりたるなつぼうし
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-17 20:53 | Comments(0)

夜の散歩

今日は日中にいろいろ用事があって。
夕方すこし仮眠をとって、
なんとなく歩きに出かけました。
日比谷線を八丁堀駅で降りて、永代橋で隅田川を渡って、
門前仲町のあたりへ行くと、あれお祭り?
富岡八幡宮の深川八幡祭なのでした。
江戸の三大祭の一つに数えられていますが、
そういえばまだ行ったことがなかった。
水かけ祭りとも言われる日中の賑わいほどでないと思いますが、
それでも屋台がたくさん出ていて、
本殿前の境内では太鼓の演奏が行われていました。

それからまた写真を撮りながら歩いて、
清洲橋から隅田川を渡って、セルフのカフェで一休みして、
築地駅から帰りの日比谷線に乗りました。
時間からすると10kmくらいは歩いたみたい。
しばらく前から足腰が弱っているのを感じてましたけど、
またすこしずつ歩けるようになってきました。
この調子でもっと歩こうと思います。

   夜の橋渡れば八幡祭かな


a0248481_2246284.jpg

a0248481_22464470.jpg

a0248481_22465795.jpg

   よるのはしわたればはちまんまつりかな
[PR]
by yuhki_e2 | 2015-08-16 22:48 | Comments(2)