風と光の散歩道、有希編2a

<   2017年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

子供らの早口ことばハロウィーン

早くに目が覚めてしまって。
日本では大人の仮装大会の様相となっているハロウィンですが、
今日がその日なのですね。
ハロウィンを季語とするか、意見の別れるところだと思います。

季語は誰かが決める訳ではなく、
俳句の世界のコンセンサスとして、認められているかどうかみたい。
歳時記や季寄せに収録されていれば問題なく季語でしょうし、
載っていたり載っていなかったりの季語もあるようです。
また、季語と季感は必ずしも一致しません。
いまでは冬のイメージでもある「甘酒」は夏の季語です。
「亀鳴く」と言われても俳句やらない人には、なんのこっちゃでしょうね。
また、ローカルルールとしての季語もすくなくないようです。
東京ヘップバーンではかつて「サザン(オールスターズ)」や「第二ボタン」を、
季語として詠んでいたそうですが、これは広まらなかったみたい。
俳誌月刊ヘップバーンの終刊が2006年ですから、もう11年経つのですね。
面識はありませんが黛まどかさんは同い年(正確には同学年か?)。
同じ年の俳人ってわりといて、ぱっと思いつくだけでも、面識のある人は、
興梠隆さん、しなだしんさん、天野小石さん、大田うさぎさん、宮崎斗士さん。
たぶんもっと沢山いると思います。

   子供らの早口ことばハロウィーン


a0248481_05155446.jpg

   こどもらのはやくちことばハロウィーン

(補足)俳誌は月刊ヘップバーンでした、訂正しました。


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-31 05:40 | Comments(0)

宅配寿司

1年くらい前の写真だと思います。
墓参りのあとだったかに、とってみました。
どこのお店(チェーン店)だったかは失念。
わりと美味しかったです。


a0248481_19453081.jpg


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-30 19:47 | Comments(0)

へうたんの丸みを君は語りけり

先ほどから雨は止んでいます。
台風の前の静けさという感じでしょうか。
今日も一日が終わります、明日も良い日でありますように。

   へうたんの丸みを君は語りけり


a0248481_22254326.jpg
 
   へうたんのまるみをきみはかたりけり


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-28 22:26 | Comments(0)

街は空(くう)街は福音秋日ざし

今日もよく晴れるみたいです。
せっかくの撮影日和なのに週末はまた天気が悪くなる?
紅葉がだんだん近づいてきています。
東京や近辺だと11月半ばくらいからが時期でしょうか。

写真はウン十年ぶりに上がった東京タワーの展望台から。
小学生のとき以来だと思います。
ところで句にはふり仮名をつけたくないのですが、
こういったものは仕方ない。写真とタイトルに入れました。

   街は空街は福音秋日ざし


a0248481_06082500.jpg

   まちはくうまちはふくいんあきひざし



[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-27 06:14 | Comments(0)

夕月や江戸趣味の友よく喋る

明日はよく晴れるみたいです。

   夕月や江戸趣味の友よく喋る


a0248481_21111657.jpg

   ゆふづきやえどしゆみのともよくしやべる

[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-25 21:14 | Comments(0)

秋桜に生まれ変はれよジョン・レノン

4時過ぎから目が覚めてしまって、
どうもこのところ短時間熟睡の感じ。
台風、いま雨は止んでいますが、外見たら濡れてるし、
時折風の音が強いです。先ほど消防車のサイレンが聞こえました。

この句は6年前かな、個展や俳誌で公開していますが、
検索してみたらブログには載せていなかったみたい。
なので今更がですがUPします。

自分としては「こすもす」ではなく「秋桜」、
けど上五に「に」を入れないと句意が曖昧になりますし、
いろいろと微妙。さらに音数から、ふり仮名がないと、しばし、
「秋桜(あきざくら)」を「こすもす」と読まれてしまう難点があります。
そういえばこの句を公開したときは、現代仮名表記でした。
いまは歴史的仮名遣いにしているので、それは直しました。

   秋桜に生まれ変はれよジョン・レノン


a0248481_05132845.jpg

   あきざくらにうまれかはれよジョン・レノン


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-23 05:24 | Comments(0)

重力を忘れ秋夜を眠るかな

台風近づく・・・、外はかなり降っています。
今日は大人しくしていようと思う。

   重力を忘れ秋夜を眠るかな


a0248481_06532725.jpg

   ぢゆうりよくをわすれあきよをねむるかな


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-22 06:54 | Comments(0)

石の卓球台、浅葉克己作

大田区矢口の新田神社にて、4年前の写真です。
多摩川で非業の死をとげた新田義興(新田義貞の子)の霊を、
鎮めるために建てられた神社だそうです。650年ほど前。
仕事でこの近くに来たとき、時間が空いて、
たまたま立ち寄りました。

この境内にこんな石の卓球台があります。
多摩川アートラインプロジェクトの一環であり、
そもそもはアート作品なのですね。
実際の卓球台として自由に使うこともできます。
神社でラケットと球を貸し出しているそうです。


a0248481_21383348.jpg


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-21 21:39 | Comments(0)

野仏の消え秋桜あきざくら

キバナコスモスです。今日はまた雨かな。
昼頃、修理に出した車の受け取りに行きます。

ところで、「秋桜」は「あきざくら」です。
この漢字に「こすもす」という読みはありません。
俳句は自由な表現が基本ですけど、
「本気→マジ」、「宇宙→そら」のような当て字読みは、
ちょっと無理があると思う。
「秋桜」に「こすもす」という当て字読みは、
さだまさしの歌が由来とも言われます。
音楽では時々こういった無理をやるみたいです。
「シクラメンのかほり」も、文語は「かをり」です。
本来「かがい」であった「花街」が、
演歌のタイトルから「はなまち」が広まって、
いまは国語辞書にもその読みが併記されています。
そのうち「秋桜→こすもす」も辞書に載るようになるのかも。
本来ではない俗な読み方が普遍化する例は時々あるので、
絶対ダメとは言えませんが、気をつけて使いたい言葉だと思います。

   野仏の消え秋桜あきざくら


a0248481_06070982.jpg


   のぼとけのきえあきざくらあきざくら


[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-21 06:08 | Comments(0)

スカイツリーの影

昨年、初めてスカイツリーに上りました。
高い、よく行く都庁の展望フロアとはまた高度感が違います。
そのとき目に入ったのがスカイツリーの影でした。

そういえば最近ニュースになった神戸製鋼のデータ改ざん。
スカイツリーも、その本体や各種ボルト、
エレベーターのワイヤーなど、様々が神戸製鋼の製品だそうです。
大丈夫とは思いますが、やっぱりすこし心配になりますね。


a0248481_21142664.jpg



[PR]
by yuhki_e2 | 2017-10-19 21:15 | Comments(0)