人気ブログランキング |

風と光の散歩道、有希編2a

喜多方ラーメン

8月は何年かぶりに喜多方も訪れました。
そういえばこの旅行のとき、あるいは体調のせいか、
どうも美味しいものに縁がなくて。
初日の昼は立石寺の近くで、「芋煮とそばの定食」を食べたのですが、
どうもあまり美味しくない。疲れ過ぎてたのかな。
二日目の夜は鶴岡のホテルで夕食にちらし寿司、
これがどうやら、注文を受けてから酢飯を作ったものらしく、
ご飯に酢が全然馴染んでないし、刺身もいまひとつかと。
三日目の夜はいいもの食べようと思って、
米沢牛の専門店に入って、米沢牛の牛鍋定食を食べたのですが、
それも期待ほどではなくて…。
あれなら木曽路のランチですき焼き御膳のほうが美味しい。

ということで8月の旅では、
四日目に食べた喜多方ラーメンが一番美味しかった。

なんでも喜多方の人は朝からラーメンを食べる習慣もあり、
店によっては朝7時頃からやっています。
もうだいぶ強い陽射しの下、蔵の街を散策すると、
表に二十人以上も並んでいる店もあります。
そしてなんとなく入った一軒で、ラーメンが美味しかった。
喜多方はあっさりスープが基本で、
そういったシンプルなラーメンが好きです。
暑さでぼうっとしていて、しょう油ラーメン600円を食べたのですが、
ゆで卵のトッピングや餃子も頼めばよかった。
あとになってすこし後悔しました。

   空高し醤油ラーメン蔵の街 


それとつい先ほど、メールでニュースが入りました。
句会でご一緒している広渡敬雄さんが第58回角川俳句賞を受賞されました。
そういえば7月句会での広渡さんの面白山の句に触発されて、
夏の旅行では面白山の麓にも立ち寄ったところです。
広渡さん、受賞を心からお祝い申し上げます。
 クリック> 「角川俳句賞に広渡敬雄氏」


a0248481_20254718.jpg

a0248481_202620100.jpg

a0248481_20264021.jpg




by yuhki_e2 | 2012-08-29 20:32 | Comments(0)