風と光の散歩道、有希編2a

西行没後五百回忌

なんの年だか判りますか。

松尾芭蕉がおくのほそ道の旅をした年です。
西行が歌の通り如月に亡くなったのが建久元年(1190年)、
芭蕉が曽良を伴ってみちのくを旅したのが元禄2年(1689年)、
499年目、つまり五百回忌の年です。
これは偶然ではありません。
芭蕉は「おくのほそ道」でしばし西行ゆかりの土地を訪れ、
西行の歌にちなんだ俳句を詠んでいます。
たとえば西行が遊行柳を詠んだ土地で、

 田一枚植えて立ち去る柳かな  芭蕉

西行が一夜の宿を願った際に、
返答を歌で詠んだ遊女に意気投合して、
一晩語り明かしたという逸話もあります。

 世の中をいとふまでこそ難からめ仮の宿りを惜しむ君かな  西行

 世をいとう人とし聞けば仮の宿に心とむなと思ふばかりぞ  江口妙

この話を踏まえた市振での句が、  

 一つ家に遊女も寝たり萩と月  芭蕉

その他にも「おくのほそ道」では笠島や色の浜と、
芭蕉は西行を意識して句を詠んでいます。
また西行は平泉の藤原氏と遠縁の関係にあり、
平泉を二度訪れています。
おそらくそれも芭蕉は知っていたでしょう。

そういえば幕末にも西行を強く意識した人物がいました…。
長州の奇人、高杉晋作です。
大河ドラマでは格好よく描かれることも多いですが、
高杉の何をしでかすか判らない破天荒さは、
志士たちのなかでも飛び抜けています。
計算づくの奇行というより、しばし狂気のような。

品川で建設中だった英国公使館を焼き討ちのあと、
長州に戻ると突然出家すると言い出し、
西行の向こうをはって東行と号しています。

高杉晋作は詩心があったようで、
29歳で亡くなるまでに400偏近くの漢詩や和歌をつくっています。
都々逸で有名なのが、

 三千世界の鴉を殺し ぬしと朝寝がしてみたい

江戸時代、男女ごとで鴉といえば、遊女の起請文です。
熊野権現のお使いである鴉のことですが、
長くなりそうなので興味のある人は調べてみて下さい。
その高杉の辞世の句が、

 おもしろきこともなき世をおもしろく


写真は8月に行った立石寺、せみ塚です。


a0248481_21462913.jpg

[PR]
by yuhki_e2 | 2012-09-24 21:46 | Comments(5)
Commented by mariko789 at 2012-09-25 13:46
こんにちは

>高杉晋作は詩心があったようで、
29歳で亡くなるまでに400偏近くの漢詩や和歌をつくっています。

興味深いです。詳しく書かれた本があれば読んでみたいもの。
そういえば昔は遊女にも文芸に秀でた方がいらしたそうな。
日本人の文芸好きはDNAに刻まれているのかもしれないですね!

フォトX俳句、入賞おめでとうございます。
リアルタイムのコンペでも大きなのを狙って下さいませ♪
Commented by yuhki_e2 at 2012-09-25 21:24
>>marikoさん
こんばんは、
こちらも高杉晋作の詩について書いた本を探しているところです。とりあえず高杉の詩にスポットを当てた小説を見つけたのでアマゾンで注文しました。

吉原ならおいらん、京や大阪なら太夫、そういった存在は、いまで言う教養も兼ね備えた人気芸能人のようなものだったみたい。社会の大きな関心であり、流行のトップモードであり、その他いろいろ。江戸時代、猫を抱いておいらん道中をしたおいらんがいて、それが大評判となり、一般にも猫を飼うのが流行したそうです。

写俳は気ままにやるのが性に合ってるみたいです。いろんな人の選や感想に触れられる句会は好きなのですが、いろんな公募を見てきて、写俳はまだまだ過渡期の気がします。
Commented by yuhki_e2 at 2012-09-25 21:39
とりあえず写俳は作るとブログに載せてしまうので、未発表を前提としている公募には出せなくて。また未掲載のものを公募に出すと、入選にしろ選外にしろ、その頃にはもう季節が変わってしまっていて、今度はブログに載せにくい。

このジレンマはなかば諦めていたのですが、既発表OKという公募を見つけて投稿をはじめたところです。賞品はないみたいですが、掲載なら多くの俳人の目に触れると思うので、しばらくトライしてみます。
Commented by mariko789 at 2012-09-29 12:59
おいらんのお話など楽しく拝読しました♪

>既発表OKという公募を見つけて投稿をはじめたところです。

掲載されましたら、また教えてくださいね!
私は海外在住の上、住所が定まらないので、応募できる場所がなかなか・・・
なので、お仲間のご活躍を拝見するのが楽しみです♪
Commented by yuhki_e2 at 2012-09-30 20:06
こんばんは、
おいらんって、いまの芸能界みたいな世界だったのかも知れませんね。

はい、とりあえず俳句界10月号へ掲載になりました。もう発売されてます。写真俳句のページが増え、他にも知ってる人のお名前が二人ほど(w なお大賞ではなく優秀賞でした。去年の個展のときの案内状にも使った写真と俳句です。既発表OKとのことなのでそれを送りました。