人気ブログランキング |

風と光の散歩道、有希編2a

神奈川大学全国高校生俳句大賞

昨日は俳句甲子園のことをすこし書きましたが、
高校生を対象とした俳句のイベントがもうひとつあります。
大学が主催する、「神奈川大学全国高校生俳句大賞」で、
1998年からはじまって今年で第18回ですから、
俳句甲子園と同じ歴史かと思います。

ただ、こちらの認知度はあまり高いとは言えず、
Wikipediaにも載っていません(本日現在)。

全国の高校生・受験生を対象に俳句を募集し、
審査員による選考という形になっています。
例年9千通以上が集まっているようです。
9月に〆切で12月発表なので、今年はまだこれからですね。

神奈川大学のHPに選考結果が出ています。
入選者は名前と高校名のみで、俳句は掲載されていません。
最優秀賞の5作品については句も見ることが出来ます。
また、その入賞入選の作品は「17音の青春」というタイトルで、
毎年句集として出版されています。
「神奈川大学全国高校生俳句大賞」で検索してみて下さい。

   鷺草の一羽一羽と咲いてをり


a0248481_22222253.jpg

   さぎさうのいちはいちはとさいてをり
by yuhki_e2 | 2015-08-31 22:25 | Comments(2)
Commented by mariko789 at 2015-09-01 13:39
こんにちは。
いつもきっちりしたお写真とさすがの俳句、楽しみに拝見しております(。◕‿◕。)

俳句甲子園はツイッターでも話題になり、世間に疎い私も知っていました。
日本の伝統ある文芸が、こうして若者たちに継承されてゆくこと、素晴らしいです。
神奈川大学全国高校生俳句大賞 知りませんでした。
教えて頂き感謝です☆
若い人たちのフレッシュな感性で、新しい時代の俳句が生まれてゆくのですね。

なぜ自分は俳句を続けているのか・・・時々立ち止まり、考えることしばし。
自分の内面のカタルシスなのか、あるいは友人たちとのコミュニケーションのツールなのか。
あまり没頭せず、気楽に楽しく、をモットーにしていますが、、
的確に表現できず、悩んでしまうことも(苦笑)
一生ものの趣味として、溺れず遠ざからず、でしょうか、私の場合。
有希さんのお写真と俳句に刺激を頂いております♪
Commented by yuhki_e2 at 2015-09-01 20:46
>>marikoさん、
こんばんは、
俳句甲子園は年々盛り上がってきてますね。
わりと若い人たちと句会で一緒になることもあって、
俳句甲子園出身者は20人くらいは面識あるかも。

今年準優勝の旭川東高校の、
俳句甲子園に出場したOB、OGも知り合いがいます。
若い人たちの豊かな感性と、勉強熱心なことに、
よく刺激を受けています。

俳句は、淡々と続けTいくのがいいのかも。
先日は昭和9年生まれの俳人と、6人で句会、
上手いし、句も新鮮だし、タジタジでした(w