風と光の散歩道、有希編2a

俳句と写真のフリーペーパー

「里」でご一緒していて写コ展にも参加の中山奈々さんが、
俳句と写真のフリーペーパー「みちくさみちVOL.1」を送って下さいました。
上質のA3紙一面を使った作品1点と、折りたたんで、
反対面に7点、という全8点の作品構成です。
写真のなかに赤いフォントで俳句がレイアウトされています。

3点が、Photo 富永顕二/Haiku 富永顕二
2点が、Photo 倉科ジュンペイ/Haiku 富永顕二
3点が、Photo 富永顕二/Haiku 中山奈々
紙面の一句を、引用しておきます、

 屠蘇注ぐや器は揺れているばかり   富永顕二
           (フリーペーパー「みちくさみち VOL.1」より)

出版者は屍派の富永顕二さん、
それに写真と俳句のゲストとして倉科ジュンペイさん、中山奈々さん、
という内容です。
写真+俳句は、いろんな人が、いろんなことやってるなあ。
隔月で出版予定だそうで、これからも楽しです。

今日の写真と俳句は上記と関係ありませんが、
写真は千葉の勝浦にて、

   少年の肩越しに見る蜃気楼


a0248481_21305028.jpg

   せうねんのかたごしにみるしんきろう

ブログ村に登録してみました、クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
[PR]
by yuhki_e2 | 2016-03-30 21:31 | Comments(0)