人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風と光の散歩道、有希編2a

旧角川邸の写真俳句展

今日はJRに乗って荻窪へ。
滅多に降りない駅なので、土地勘がなくて。
北口側のサブウェイでサンドイッチを食べて、
南口側から歩き出します。

15分ほどでたどり着いたのが角川庭園、幻戯山房。
俳人で角川書店の創設者である故角川源義氏の旧邸宅で、
いまは杉並区に寄贈されて、見学も出来ますし、
句会や短歌の会に借りられる部屋もあります。

数日前にネットの検索で知ったのですけど、
ここで牧やすこさんという方の写真俳句展が開催中です。
建物に入ってすぐ左手の部屋で、
花の写真に句を合わせたものが30点ほど展示されていました。
こういった花をテーマの写真と俳句もいいものですね。
作品をしばらく拝見して、庭にも回ってみます。

庭に面した別の一室では句会(または俳句教室?)が開かれていて、
先生らしき人が熱心に説明していました。

写真俳句展は、10月11日までとのことです。
この機会にぜひ行ってみて下さい。

   訪ね来し幻戯山房こぼれ萩


旧角川邸の写真俳句展_a0248481_19494028.jpg

旧角川邸の写真俳句展_a0248481_19501029.jpg

旧角川邸の写真俳句展_a0248481_19502827.jpg

   たづねきしげんぎさんばうこぼれはぎ

↓↓↓クリックよろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村



by yuhki_e2 | 2016-10-02 19:51 | Comments(4)
Commented by 八田真田八 at 2016-10-04 11:29 x
一枚目の写真についてですが…
萩の花の先端にしっかりとピントが当たり、バックの建物が全くボケ切らず、程よく残っています。
どんな風に撮ったら良いのですか?
Commented by yuhki_e2 at 2016-10-04 20:54
>>八田真田八さん
こんばんは、
3枚ともコンデジで撮りました。

Exifデータを確認してみたら、
1枚目は、f2.8 、1/800、 iso80、
4.70mm、露出補正 -0.33

それとレタッチの上、すこしトリミングしています。

萩の花は小さいので、
デジタル一眼だとマクロレンズ使わないと無理そう。
わざわざ買うの大変ですから、
レンズにつけるクローズアップフィルター(度数が+3または+4)を使うと、
通常の一眼のレンズをマクロ的に使えます。
レンズは高いですけど、
クローズアップフィルターなら2千円以下有り。

背景をぼかすのは、Aモードで、
露出をなるべく小さくして(背景がボケやすくなります)、
あとはズームをしたりして、
いろいろ試してみて下さい。
写真のこのときも、10枚以上撮っていて、
そのなかから選んだ一枚です。

ただ、ごく小さなものを撮るマクロ撮影は、
一眼よりコンデジのほうが撮りやすいかも。

一眼のキットレンズだと、
あまり近くには寄れませんし、
薔薇くらいならともかく、
萩の花のような小さなもの拡大撮影はほぼ無理。
Commented by yuhki_e2 at 2016-10-04 20:57
コンデジもお使いでしたら、
そのマクロモードで近づいて撮ると、
自然に背景はぼんやりとします。
Commented by 八田真田八 at 2016-10-05 08:43 x
詳しく教えて下さり有難うございました。
コンデジのマクロモードでしたか!
あの萩の写真は、いい感じに撮れてました。
私もマクロレンズはあるのですが、十分使いこなせていません。
色々撮って慣れていきたいと思います。