風と光の散歩道、有希編2a

冬眠の街よ胃腸へとカロリー

謙遜や、過小意識ではなく、
最近マジに俳句が詠めなくて。
自分のなかから俳句力が出て行ってしまったような、変な感覚。
思えば、9月の熊野の吟遊も句会で成績はボロボロでした。
たまたまそのときが、ではなく、
俳句に対してちぐはぐな感じが、いまも続いています。
明日は久しぶりの吟行、正直ちょっと気が重いです。

   冬眠の街よ胃腸へとカロリー


a0248481_22583297.jpg

   とうみんのまちよゐちやうへとカロリー

[PR]
by yuhki_e2 | 2018-11-24 23:08 | Comments(6)
Commented at 2018-11-25 08:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariko789 at 2018-11-25 08:08
有希さん、こんにちは。

>自分のなかから俳句力が出て行ってしまったような、変な感覚。

私もそんな感覚に襲われることしばしば。
長い人生で、積み重ねてきた「思い」の箱が空っぽになったような。
以前は、尽きないと思った、表現したいことが、もうすっからかん。

でも、もしかしたら、時の経過でまた甦るのかも知れません。
もう少し様子をみようと思っています。

有希さんは、まだまだ俳句力が漲っていると思います。
強気でGO!
Commented by 安のり at 2018-11-25 17:13 x
俳句やって10年ほどになります。5年ほどしたら、同じスタート地点に立っていると思いました。それから結社に所属して、5人組を経験していまは子守専属。全国紙投句も掲載も遠い昔になりました。ながい人生、これが私の俳句人生かと思ってます。
Commented by yuhki_e2 at 2018-11-26 22:36
>>非公開さま
俳句って、人の繋がりも面白いです。
写真もまたそうみたいで、
その方面でも、人の輪が広がりそうで、
来年はいろいろと面白いことになりそう。
Commented by yuhki_e2 at 2018-11-26 22:37
>>marikoさん
昨日は思い切って出かけてよかったです。
浅草の鷲神社が三の酉で、
あんなに混んでるとは思わなかったです。
そのあとお寺の本堂で句会でした。
俳句は地道に修練を積んでいこうと思います。
Commented by yuhki_e2 at 2018-11-26 22:40
>>安のりさん
こんばんは、
8年ほど前、句会に初めて出たとき、
まったく歯が立たず。
そこの句会が、自分とレベルが違いすぎた・・。

けど点が入らなくても、出続けていたら、
なんとなく力も着いてきたのか、
その分俳句の面白さと怖さが、
すこしだけ判ってきた気もします。