人気ブログランキング |

風と光の散歩道、有希編2a

草笛や夏のけものを愛ほしむ

写真と俳句を続けてきて、
その都度いろんなことを考えたり、思ったり。
コラボレーションとしての写真と俳句は、どちらが上でも下でもなく、
等価である、そう言う人も判るんですけど。

ただ、社会のなかで両者のウェイトが違いすぎる。
いまデジカメやスマホが一般化したこともあって、
撮ることもそれを見ることも、写真の大洪水みたいなものです。
その一方、俳句は写真に比べるとごく少数派の表現世界で、
この二つが現実的に等価とはあり得ない。
また、多くの人は子供の頃から、本やテレビや様々なもので、
常に写真を見ながら生きてきている。
それだけ写真に対する目も自然と養われてきています。
俳句の場合、芭蕉の句くらいは知っていても、
俳人以外で句集を読む人は滅多にいないし、
大多数の人は俳句自体を、そうそう詠む機会がない。

俳句のほうが上だとは決して思いませんけど、
これまでいろんな人を見てきて、
写真家に俳句を詠んでもらって写俳にしようと思っても、
これが難しい。なかなか俳句が詠めないんです。
それとは反対に、力量のある俳人に写俳をつくってもらうと、
いきなり、かなりいいものができる。
玄人ではないにしても、写真くらいは撮ってきているし、
デジカメが発達して、手軽に綺麗な写真が撮れるようになりましたから。
また俳句をやってきて、ものを見る訓練が出来ているみたい。
趣味のカラオケみたいな手軽な楽しみとしての写俳も、
それはそれで有りでしょうけど、そこに居たいとは思わない。
自分としては、やはり優れた写俳の高みを目指したい。
玄人の俳人も写真家も唸らせるような、
そんな写俳を目指したいと思っています。

   草笛や夏のけものを愛ほしむ


a0248481_21064464.jpg

   くさぶえやなつのけものをいとほしむ

by yuhki_e2 | 2019-06-18 21:31 | Comments(0)