人気ブログランキング |

風と光の散歩道、有希編2a

秋立ちて街の余熱に猫眠る

今日は渋谷で、ちょっと打ち合わせ。
と言いつつ雑談の楽しいひとときでした。
けど忙しくて、え、さっき朝だったのにもう夜?という感じ。
単に要領が悪いのかも知れない・・・。

さて「週刊俳句」に10句を掲載して頂きました。
よろしければ覗いてみて下さい。
写真とコトノハ展に参加の広渡敬雄さんの「小瀬鵜飼吟行記」も同じ642号です。

   秋立ちて街の余熱に猫眠る


a0248481_22443337.jpg

   あきたちてまちのよねつにねこねむる

by yuhki_e2 | 2019-08-11 22:47 | Comments(2)
Commented by 百合かがり at 2019-08-19 14:42 x
有希さん、こんにちわ!
先日の「写真とことのは展」の出品者の御名前の中に、
私が松山俳句ポストで写真俳句を始めて出会った方の名前をみつけました。
ブログでお世話になっている方です。
「写真とことのは展」のご盛況をお祈り申し上げます。

余談ですが
御盆に孫(女性、大学生)が来ました。
有希さん(男性)の名前の件話しましたら大受けで自分のケースと反対に喜んでいました。
Commented by yuhki_e2 at 2019-08-20 21:51
>>百合かがりさん
こんばんは、応援ありがとうございます。
展示メンバーの、俳句ポストによく投句していたのは二人かな。
皆さん、それぞれのフィールドで俳句活動してますから。
あまりに脈絡のないメンバーなので、
それがこの展示の面白いところかも知れません。

名前って、いろいろむつかしい。
元々ネットで使っていたハンドルネームがyuhkiで、
それを俳号にと思ったとき、
最初に考えたのが「幽木」でした。

これじゃいくらなんでもと思って、
なんとなく使いはじめたのが有希です。
俳句は本名の人もわりと多いし、
これはこれで、いろいろと面白いですね。