風と光の散歩道、有希編2a

夜空

昨晩の月です。

 千年の光を唄う夏の月


a0248481_22454028.jpg




# by yuhki_e2 | 2012-08-02 22:46 | Comments(0)

盆踊り

昨日、夜の散歩に行ったら、
駅前で盆踊りをやっていました。
しかし暑いですね。
1月生まれのせいか夏の暑さがこたえます。
皆様も熱中症に気をつけましょう。

   盆踊り今日を忘れるための夜


a0248481_22323425.jpg




# by yuhki_e2 | 2012-07-29 22:33 | Comments(0)

芭蕉の句碑、蓮田SA、

東北自動車道下り線、蓮田SAにある句碑です。
しばらく前の写真です、このあと雨になりました。

   行く春や鳥啼き魚の目は泪

芭蕉がみちのくへの旅に出るとき、
千住で見送りの人々と別れた際の句です。
そういえば「奥の細道」や「おくの細道」などいくつかの表記を見かけますが、
中学校の国語の教科書では「おくのほそ道」で統一されているそうです。
なぜかというとこの紀行文には様々な原本や弟子による写本が存在していて、
たとえば柿衞本や曽良本など、
漢字遣いについては様々です。推敲もあり内容や句も違っています。
そのなかで西村本と呼ばれるものは、
芭蕉が元禄七年に最後の旅へ出るときに持っていて、
その芭蕉自筆の外題の表記が「おくのほそ道」という話です。
ただ、この話はどれが誤りであるという話ではなく、
当時でもいくつかの表記があったということだと思います。
江戸中期に行方がわからなくなり、
1996年にその存在が発見された野坡本は芭蕉自筆とされており、
真贋論争ののち、草稿本であることが定着しているようです。
芭蕉の「おくのほそ道」は何故、
いまなお人の心に触れ、読み継がれているのでしょうか。

   我が旅の矢立初めや夏の雨


a0248481_027273.jpg




# by yuhki_e2 | 2012-07-25 00:27 | Comments(0)

渋谷駅

コンデジ、PanasonicのLUMIX DMC-LX5で撮った写真です。
手持ち撮影、F2.2、1/40、露出補正-2/3、iso400、WBオート。
jpeg画像をレタッチして、さらにトリミングしています。

   ただ街を漂流してゆく夜半の夏

a0248481_21373675.jpg




# by yuhki_e2 | 2012-07-22 21:38 | Comments(4)

くらげ

しばらく前の写真です。

   空白を咀嚼している海月かな


a0248481_13423516.jpg



# by yuhki_e2 | 2012-07-22 13:43 | Comments(0)

エアーパーク/航空自衛隊 浜松広報館

航空自衛隊の浜松基地にある展示施設です。
ここは展示資料館と展示格納庫の建物からなり、
後者は様々な軍用機が静かに佇んでいます。
戦闘機ってほんと格好いい。
性能を追求した形状にはアートのような美しさがあります。

屋外の「996」はアクロバット飛行でも知られるブルーインパルスの機体です。
このチームは度々名称が変わって、
いまは松島基地所属の「第4航空団第11飛行隊」ですが、
ある時期の呼称「戦技研究班」が個人的には好きです。
なお写真の機体はアメリカ製のF-86で、
東京オリンピックのとき大空に五輪を描いたのがこれですね。
そのあと国産のT-2を経て、現在はT-4(通称ドルフィン)が使われています。
ブルーインパルスの飛行技術は世界でもトップレベルだそうです。
「ブルーインパルス 世界 トップレベル」で検索すると、
そのことについての記述が沢山ヒットします。
興味のある人は調べてみて下さい。

   文月や人は心に空がある


a0248481_21141261.jpg

a0248481_21143546.jpg

a0248481_2114687.jpg




# by yuhki_e2 | 2012-07-21 21:14 | Comments(1)

ひまわり

三河湾の佐久島にて。
ここはアートの島としても知られ、
一色港から約30分の船旅です。
島内を回ると様々な撮影スポットもあるようですが、
今回は佐久島東港と民宿までを徒歩で往復しただけでした。
いつか再訪しようと思っています。

   ひまわりの咲いてゆるゆるする時間


a0248481_20172198.jpg




# by yuhki_e2 | 2012-07-20 20:17 | Comments(2)