風と光の散歩道、有希編2a

酉の市へ犬の歩幅の日ざしかな

これは11月の三の酉のとき、浅草の鷲神社です。
かなり混んでいて、とてもではないけど、
鷲神社には入れませんでした。
あまりに並んでいたので。

それで隣の妙見様をお参りして、
午後から入谷のお寺で句会でした。
東京で「里」があんなふうに集まるのは珍しい。
俳句の世界とか面倒なことは考えないで、
ただ面白い俳句や良い俳句で句会をしたい、
そんなふうに思います。

   酉の市へ犬の歩幅の日ざしかな


a0248481_23385187.jpg

   とりのいちへいぬのほはばのひざしかな

# by yuhki_e2 | 2018-12-04 23:44 | Comments(0)

冬服に羽つけて今日街を翔ぶ

今日は深谷駅のKPC展へ行ってきました。
写真のグループ展ですが、笑子さんのフォト俳句も展示されています。
毎年この時期なので、前回からまた1年という感じ。
写真と俳句は、公募展がひとつ、またひとつと終了して、
あまり盛り上がらないのが現状です。
だからこそ、それでも好きでやっている人たちは、
今後も写真と俳句のコラボレーションを続けていくと思います。

   冬服に羽つけて今日街を翔ぶ


a0248481_21551144.jpg

   ふゆふくにはねつけてけふまちをとぶ

# by yuhki_e2 | 2018-12-02 22:04 | Comments(0)

首掻けば耳痒くなる冬紅葉

今年の紅葉はいまひとつ?
あまりの猛暑と、台風による塩害もあるそうですが、
赤くなり初めてすぐ黒くなってしまう感じ。
それでも紅葉を求めて取り続けます。
最近はマニュアルフォーカスもいろいろ試しています。
これもそういって撮った一枚です。

   首掻けば耳痒くなる冬紅葉


a0248481_22152147.jpg

   くびかけばみみかゆくなるふゆもみぢ

# by yuhki_e2 | 2018-12-01 22:20 | Comments(0)

鳥瞰の街はペン画に似て小春

写真は一年前の熊谷、八木橋百貨店の屋上からです。
ここは地域のデパートで、いまどきもう珍しいかも知れない。
地元では愛されているようで、
ダイエーが出店したとき、八木橋が大変と地元で噂になり、
八木橋百貨店を応援したいというお客さんで大混雑したという逸話も。
(ただしこの話は、wikiでは要出典となっています)
熊谷は江戸時代は中山道の宿場町で、
いまは夏の最高気温が有名ですね。

   鳥瞰の街はペン画に似て小春


a0248481_23280002.jpg

   てうかんのまちはペンがににてこはる

# by yuhki_e2 | 2018-11-30 23:39 | Comments(0)

陶句郎さんのカップ

陶芸家で俳句は「ひろそ火」主宰の木暮陶句郎さんに初めてお会いしたのは、
たしか松野さんの角川俳句賞の授賞式のときだったと思います。
名刺を交換して頂いて、前回の新宿の個展販売会は拝見して、
今年は都合がつかず、母が出かけて、写真のカップを購入してきました。
コーヒー皿もセットでしたが、普段はカップのみ使うので。
大きさも手頃で、一日に何度かこのカップでコーヒーを飲んでいます。
伊香保焼です。

コーヒーは以前は手軽なインスタントコーヒー派だったのですが、
しばらく前から、豆をその都度電動ミルで挽いて、
ドリップで淹れています。
慣れてしまうと手間でもないし、
挽きたてがやはり美味しいです。


a0248481_22284356.jpg

# by yuhki_e2 | 2018-11-29 22:32 | Comments(0)

冬紅葉見きれば空に飛行機雲

今年は紅葉がいまひとつみたい。
赤くなりはじめたら、すぐに黒くなってしまう、そんな感じ。
猛暑の影響とも、台風による塩害とも言われているようです。
写真は昨年のものです。

   冬紅葉見きれば空に飛行機雲


a0248481_22105462.jpg

   ふゆもみぢみきればそらにひかうきぐも

# by yuhki_e2 | 2018-11-29 22:12 | Comments(0)

トンネルを治部煮治部煮と言ひ歩く

一日一日がはやいです。
ついこのあいだ暑くて仕方なかった夏なのに、
もう今週末は12月です。
来年はいろいろ考えていることもあるし。
読みたい本は山程あって、撮りに行きたいところも山程あって、
たぶん気がつけばまた一年が経っているのだと思います。
弟夫婦のところは猫飼うそうで、いいなあ。

ところで。
先ほど句を詠んでみて、治部煮を一応、
角川の新版季寄せで見てみたら、
「じぶ煮」という表記だけで、「治部煮」は書いてない。
ネットのgoo国語辞典だと「じぶ煮」のみ、別に「治部」はある。
角川の必携季寄せには「じぶ煮」そのものが無し。
ネットのコトバンク(大辞林第三版)には「治部煮」あり。
「治部煮」は検索すると、一般的に使われているみたい。
こういった言葉は微妙ですけど、今日は季語「治部煮」でいきます。

   トンネルを治部煮治部煮と言ひ歩く


a0248481_22113454.jpg

   トンネルをぢぶにぢぶにといひあるく

# by yuhki_e2 | 2018-11-27 22:35 | Comments(2)