風と光の散歩道、有希編2a

逃亡者のデジャヴである秋の旅

名古屋駅で買った、コーチンわっぱめしです。美味しかった。
新宮市駅へ向かう特急南紀3号で食べました。
この時点ではひとり旅で、隣が知らない人だと、
最近は列車でお弁当を食べるのを躊躇ってしまいます。
けれどこのときは空いていて、隣はずっと空席でした。

   逃亡者のデジャヴである秋の旅


a0248481_22371317.jpg


   たうばうしやのデジャヴであるあきのたび

[PR]
# by yuhki_e2 | 2018-10-01 22:40 | Comments(0)

行つたきりの犬は戻らず赤とんぼ

台風です、
先ほどしばらく止んでいて、また降りめました。
といっても雨脚はさほどでもなく、
風はやや強くなってきました。。
台風の進路は、0時頃に長野、3時頃に新潟?
山手線や各線も夜8時頃から運転見合わせって。
小田急や京王の私鉄は10時頃まで動いているようですし、
JRはすこし早すぎる気もします。

   行つたきりの犬は戻らず赤とんぼ


a0248481_22554292.jpg

   いつたきりのいぬはもどらずあかとんぼ


[PR]
# by yuhki_e2 | 2018-09-30 23:03 | Comments(0)

海からの色なき風は眠くなる

熊野、2日目は4台の車に分乗しての吟行でした。
市田川水門の近くに車を停めて、
すこし歩くと大きな海、熊野灘が広がっていました。

   海からの色なき風は眠くなる


a0248481_22190209.jpg
   うみからのいろなきかぜはねむくなる

[PR]
# by yuhki_e2 | 2018-09-28 22:21 | Comments(0)

新宮市、仲ノ町商店街

熊野吟遊では新宮市のホテルに泊まりました。
この日夕方の句会では、成績イマイチ・・、
そのあと懇親会(飲み会)ではもう草臥れていて、
二次会と三次会には行かず、もうホテルでダウン、爆睡。

翌朝は元気を回復し、出発前に、近くを歩いてみました。
写真はアーケードの仲ノ町商店街。
時間が早かったので、お店はどこも開いておらず、
静かな風景のなかを撮りながら歩きました。
前日通ったときは、帽子屋さんもやっていたし、
いろんなお店がありました。純喫茶もあった。
こうしてみると、自分が行ったことのない街はひたすら多く、
まだまだ未知の土地を訪れる楽しみはありそうです。


a0248481_23531724.jpg


[PR]
# by yuhki_e2 | 2018-09-27 23:56 | Comments(0)

熊野へ行ってきました

連休は「里」の秋吟遊で熊野へ行ってきました。
谷口智行さんにお会いしたのは今回初めてで、
「運河」の方々にもお世話になり、とても有意義な二日間でした。
写真は新宮城跡(丹鶴城跡)から見た熊野川です。
ここには新宮に伝わるもののけ姫、丹鶴姫(たんかくひめ)の伝説があり、
城跡にはその碑がありました。

   風なくて丹鶴姫の碑に秋日


a0248481_22233725.jpg

   かぜなくてたんかくひめのひにあきひ

[PR]
# by yuhki_e2 | 2018-09-26 22:27 | Comments(0)

日曜に遠い午後なり曼珠沙華

自宅に物が増えすぎています。
断捨離というには思いきれず、
けど、すこしずつでも片付けていけないと。

   日曜に遠い午後なり曼珠沙華


a0248481_21415526.jpg

   にちえうにとほいごごなりまんじゆしやげ

[PR]
# by yuhki_e2 | 2018-09-19 21:46 | Comments(0)

下船病の人の背中に赤蜻蛉

秋のグループ展の準備を進めています。
初めての個展は、2007年の自由が丘のギャラリーでした。
その後、自分の個展活動とは別に、
写真と俳句のグループ展も開催するようになりました。
第1回の写真とコトノハ展は、2010年の江古田、
気がつけば、もう12回目なのですね。
自分としては、大人の文化祭みたいな、
気軽に参加したくなるような展示をイメージしています。

写真は昨年、浜離宮公園にて。
ここは秋のキバナコスモスでも知られていて、
その時期にはカメラを構えている人も沢山います。

   下船病の人の背中に赤蜻蛉


a0248481_22150860.jpg

   げせんびやうのひとのせなかにあかとんぼ

[PR]
# by yuhki_e2 | 2018-09-18 22:26 | Comments(0)