人気ブログランキング |

風と光の散歩道、有希編2a

タグ:カメラ ( 2 ) タグの人気記事

犬猫の耳は眠らず秋螢

親指AFを止めました。
通常、カメラはシャッターボタンを軽く押すとAFが動作して、
さらに押し込むとシャッターが切れる、という形になっています。
それを設定変更して、シャッターボタンでのAFをキャンセル、
親指で押せる別のボタンをAF専用にする、これが親指AF。
そのボタンから力を抜けば、そこでAFが固定されますし、
AF-Cならボタンを押し続けながらシャッターを切れるので有利なのだとか。

プロは多くの人が使っている、という話も書かれていますし、
やってないのは経験の浅い人、みたいなイメージもあったりして。
自分でもここ4年くらい、一眼レフとミラーレスは親指AFにしてました。
慣れてしまうと、これはこれでたしかに便利。

ただ、4年やって、その操作には慣れているにも関わらず、
ピントを不自然に外す写真がたまにある。これ理由がよく判ららない。
元々、動体はほとんど撮らないし、
昔のAFが遅いカメラに有効なやり方で、
現在の速いAFにはそれほどメリットがない、という指摘も読みました。
それで親指AFを止めて、元のハーフシャッターでAFの設定に戻しました。
すると、自分にはこのほうが自然な感じです。
まだ親指で背面のボタンを押す癖がたまに出ますけど、
すぐにハーフシャッターに身体が馴染むでしょう。
いまのカメラはMFも撮りやすいので、
そのときそのときでうまくAFとMFを使いわけようと思っています。

   犬猫の耳は眠らず秋螢


犬猫の耳は眠らず秋螢_a0248481_19340434.jpg
   いぬねこのみみはねむらずあきぼたる


by yuhki_e2 | 2019-10-19 19:48 | Comments(0)

公園の無神論者に会ふ九月

カメラの販売がよくないみたいですね。
販売数のピークだった10年ほど前からすると、
1/10くらいに落ち込んでいるという話もあるし、
写真を撮るのはスマホという人が増え、
その分カメラが売れなくなったことも大きな理由かと思われます。
また、デジタルのカメラの進化が落ち着いて、
買い替え需要も大きくないのかも知れません。

以前の携帯電話に比べてスマホの写真は綺麗ですが、
ズームの画質低下と、ISOを上げる夜間撮影が苦手、
というのがスマホの弱点でした。
けれどスマホを買うときのカメラ機能が重視されるようになり、
今後スマホの撮影機能はさらに良くなっていくと思います。
ズームや夜間撮影も、改善されていく可能性がある。
そうなるとさらにカメラが売れなくなる・・・。

ペンタックスも、数年前に悲願の?フルサイズ一眼レフを出してみたものの、
新たにミラーレスを開発する余裕はないようにも思います。
APS-Cのフラグシップだったk-3Ⅱは発売が2015年ですでに販売終了、
その後継機の具体的な話すら出てきません。
コンパクトのデジカメ部門も、機種を整理してしまったメーカーが目立ちます。
いま元気なのはソニー。
キヤノンとニコンはフルサイズミラーレスを出してみたものの、
いろいろと行き詰まっている印象も受けます。
オリンパスとパナソニックは、マイクロフォーサーズが軌道に乗って、
けれど販売が大きく伸びるかというと、難しい状況かも。
富士フイルムはAPS-Cのミラーレスで我道を行くという感じ。

   公園の無神論者に会ふ九月


公園の無神論者に会ふ九月_a0248481_22170477.jpg

   こうゑんのむしんろんしやにあふくぐわつ

by yuhki_e2 | 2019-09-18 22:53 | Comments(0)